Acuver

AEGIS

End to Endネットワークの可視化と最適化

AEGISではネットワークオペレータは一つの統合されたプラットフォームで3G, 4G, 5GのネットワークとプライベートLTE/ローカル5GのE2E(end-to-end)パフォーマンスを測定、解析できます。AEGISは多様なネットワークインターフェース(N2, N3, N4, X2, S1 MME, S11, S1U等)からのリアルタイムな情報を収集し、データのフィルタリング、関連付け、収集、構築をします。
そしてネットワークパフォーマンスを的確に表現します。

AEGISを使用すると、ネットワークオペレータは1つの統合プラットフォームで3G, 4G, 5GネットワークとプライベートLTE/ローカル5GのE2E(エンドツーエンド)パフォーマンスを測定および分析できるようになります。

AEGISにより、ネットワークオペレータは、1つの統合プラットフォームで3G / 4G / 5G(NSA / SA)ネットワークのE2E(エンドツーエンド)パフォーマンスを測定および分析できるようになりました。 さまざまなネットワークインターフェース(e.g. N2, N3, N4, X2, S1 MME, S1U等)からリアルタイム情報を収集することにより、AEGISはデータをフィルタリング、Correlation、組立、構造化して、ネットワークパフォーマンスの正確な画像を提供します 。

AEGISを使うと

  • 通信事業者様の3G/4G/5GとプライベートLTE/ローカル5GコアネットワークのためのEnd to Endネットワークパフォーマンスの監視。
  • トラブルチケット管理費用の削減。
  • スループット改善。
  • ネットワーク問題の箇所の特定
  • 柔軟なプラットフォームと実績の技術。
  • OPEXの最小化。
  • 走行試験の需要削減。

AEGISの用途

  • リアルタイムでユーザーのシグナルとデータトラフィックをトレース
  • Service毎のPaging監視/分析/統計
  • 5G NSA/SAのすべてインタフェースを対応
  • データサービスの統計分析
    –   地域・システム・端末
  • 端末 OS毎の分析
    –   OS・Version
  • VoLTE QoE 分析
    –   RTPのQoS分析
    –   IMS systemの監視・分析
    –   リアルタイムのトラフィックトレース

メリット

  • 基地局の品質管理
    –   基地局からデータサービス装置までの迅速な品質状況
    –   データトラフィックチェックによってネットワーク機能の要件を予測し、通信の広範囲にわたる停止を防止
  • IMSIベースのネットワークトラフィック分析
    –   顧客クレームの迅速対応
    –   システムの検証・エラー分析
    –   ネットワーク区間のLatency分析
  • アプリケーション及びIMSIベースのネットワーク分析
    –   アプリケーションデータ使用状況の分析
    –   Pushトラフィックやバーストトラフィック分析
  • マーケティングへの活用
    –   地域・端末モデル・料金プランなどの様々な統計を提供

プロダクトラインナップ

プロダクトタイプ 主な機能
AEGIS VoLTE
  • VoLTE Session KPI
    –   端末情報(IMSI/MSISDN/IMEISV)と地域情報(Cell/eNB/gNB)とシステム(MME/S・PGW/AMF/UPF/CSCF/MGW等)情報をベースにVoLTEプロシージャの分析
    –   VoLTEコールタイプとセットアップフローの成功/失敗と各イベントのセットアップ時間と失敗の理由を分析し、コールドロップなどの原因を特定します。
  • リアルタイムのRTPを分析し、Packet Loss, Jitter, Delay, R-Factor, MOSなどのQoS提供
  • UEベースのリアルタイム及びポストプロセスのトラフィックトレース(IMSI/TMSI/Mobile lP)
  • AEGIS VoLTE+IMS
  • IMS System Transaction KPI
    –   IMSシステム間Transaction分析
    –   SIP methodの成功/失敗や再転送カウントや Response Codeの分析
    –   Diameter Commandの成功/失敗や再転送カウントや Response Codeの分析
  • すべてインタフェースのトラフィックのトレースとラーダチャート提供
  • AEGIS IoT
  • 端末のTrafficパータン自動周期分析・監視
  • LTE IoT, NB IoT(C-SGN N/W構成)対応
  • IoT Deviceの障害監視及び制御に活用
  • 法人顧客毎管理
  • AEGIS Enterprise
  • Signal Analysis
    –   UE/地域/システムに基づく呼プロシージャとTransaction分析
    –   リアルタイムのシグナルリング分析し、AttachからDetachまでのトレース及びTransactionの成功/失敗とfailure cause・release causeの分析/統計
  • User Traffic Analysis with Signal
    –   端末/地域/L7 サービスカテゴリ基づいて、いくつかのネットワークQoS
    –   DNS、TCP、HTTP、UDPセッションのKPI