Acuver

Atoll

無線ネットワークシミュレーションツール Atoll

無線ネットワークの基地局の配置、アンテナの向きや傾き、および送信動作に伴う電波の強度や通信可能エリアの変化などを予測するシミュレーションツールです。受信信号の電界強度や干渉レベル(Ec/Io)などを視覚的に解析表示し、効率的なエリア設計やネットワークのパフォーマンスの最適化をサポートします。

Atollの主な特徴

  • 最先端の電波伝搬計算エンジン
    セクター、サイト、エリア、レイヤー各レベルにおいて伝搬モデルを定義可能
    マルチレゾリューションDBへの対応
    バックグラウンド及び分散計算
  • 統合した伝搬モデルのライブラリー
    標準伝搬モデル:Standard propagation model
    オクムラ・ハタ、コスト・ハタモデル
    ITU propagation models: 526-5, 529, 370-7, 1546-2
    Longley-Riceモデル
    Crosswave(Orange lab社製)、Volcano(Siradel社製)
  • 外部モデルへのOpen interface
    Developer Toolkit を利用しての外部モデルとの統合
    サードパーティ製の伝搬モデルとの完全な統合Wavecall, Siradel
  • 視覚的な解析ツール・レポート
    Hardware resource dimensioning(channel element dimensioning)
    ユーザ設定のエリアにおける包括的・柔軟なレポート(focus zones)

画像サンプル表示

FORSK社について

FORSK

仏FORSK社は、欧州でNo.1の導入実績を誇る基地局シミュレーションツール、Atollのベンダーです。Accuver株式会社は、FORSK社の日本総代理店として、日本における販売およびテクニカルサポートを担当しています。